本文へスキップ

係長の役割と仕事の方法が学べるサイト


コラム 部下column

係長.netトップ > 仕事のデキる部下をもった時



仕事のデキる部下を持ったとき

係長コラム 「仕事のデキる部下をもった時」Author 係長.net Category 部下


 仕事のデキる部下とは、あなたが指示しなくても自分で今やるべき仕事や問題に対して、自分で考え行動できる部下をいいます。一方、仕事のできない部下とは、イチイチ「あれやったか」「これやっておいたか?」と進捗を確認しなければならず、手がかかります。


 仕事のデキる部下は、精神的に自立している人が多く、仕事の成功体験を多く積んでいますので自信を持っています。他の社員よりもプライドがあり、実績や結果も出します。自分で考えたアイディアを実行しようと、あなたに相談してくることもあるでしょう。





 仕事のデキる部下が一番嫌うのは、上司の理にかなっていない意味不明の指示や助言、周囲からの単なるいやがらせのような事です。彼らは仕事に自信があるので、その大きいプライドから周囲と衝突する事があります。日本の組織では、どちらかというと仕事の成果よりも協調やコミュニケーションが優先されるからです。



 仕事のデキる部下のうち、大きく分けると「自分で考えて何でも行動を起こすタイプ」と「決められた仕事はきちんとこなすけども、それ以上はやろうとしないタイプ」の部下がいます。前者は仕事で実績を出したり結果を出すことが、趣味に思えるほど自分であれこれ考えて、創意工夫します。



 自分なりに将来の目標を見据えて頑張っている部下は、放置しておいても良いです。上司があれこれ口出しすると、逆にやる気を失ってしまいます。トラブルなど危険ゾーンに入りそうになったら、手を貸すというように「部下を見守る」ようにしてみてください。




係長として成功する方法を配信中です

 更新情報はこちらから
 
 
  FACEBOOK   Google+    Twitter

「無料」で特別レポートをプレゼント中です!

 
特別書き下ろしレポート:「資格なし!学歴なし!特技なし!」の高卒サラリーマンでも大卒エリートを追い抜きマネジャーになれた!爆速仕事術(仕様:PDF20ページ)

     report

 これといって誇れることが無い私でも、ある方法論さえ確立すれば昇進できることが判明!イジメ、パワハラ、うつなど地獄のような経験を乗り越え、ワークライフバランス、子育てに奮闘しながら確立した仕事の方法を公開!>>詳しくはこちらです


係長の悩みを解決する書籍・教材

係長.net完全書き下ろしの「係長の事例問題解決集」です。(電子書籍 99円〜)




ビジネス文書のスキルアップするセミナー動画

自宅で学べるビジネススキルアップの動画セミナー講座です



・ビジネス文書スキル養成セミナー
・ロジカルシンキング養成セミナー
・コミュニケーションスキルセミナー


社会貢献・ボランティア事業について

 係長.netでは、毎年「複数献血」1,200ml(最大
 値)を行い、社会・地域への貢献を果たして参り
 ます。

     LOVE in Action