本文へスキップ

係長の役割と仕事の方法が学べるサイト


係長と主任の違いとは?〜役割と仕事の違いを徹底解説!〜

係長コラム 「係長と主任の違いとは?」Author 係長.net Category その他


コラム:「係長」と「主任」の役割は一体何が違うと思いますか?それぞれの仕事の違いや、両者にはある共通点があります。なんとなく「主任」とはこんなもの・・・?という疑問を1つ1つひも解いていきましょう。

  係長と主任の違いとは


 



 

はじめに。でも、ズバリ結論から!



  •  みなさんこんにちは!係長.netを運営している佐藤と申します。(※初めての方は、私のプロフィールを初めに読んでいただければ幸いです


  •  それでは、早速ですがみなさん「係長と主任の違いって?」「仕事の違いは何か?」「役割と機能の違いは何か?」「係長と主任どちらが偉いのか?」などの疑問を持っていると思います。


     
    私の経験からお話しますと、係長も主任もそれほど大きな違いはないと思っています。


     係長になるまでは、「係長、主任はすごい偉い!」と思っていましたが、いざ係長になってみると別にそんなでもないと感じます。社内で特別な扱いを受けたりもしません。


     係長・主任は、部下でもできる事務作業をひたすらやっていたり、かといえば、誰しも嫌がっている仕事を課長から急に振られたり、仕事をパンク寸前まで持っていても、社内の命運がかかったプロジェクトリーダーをいきなり任されたりします。


     係長の場合、課長が抜け殻状態で何もできないときは、代行してマネジメントもします。(実際これが一番ツライ。2人分の仕事をこなしながら、権限無き責任を負うからです。)


     係長・主任は基本的に何でもやらなくちゃいけない立場にあります。部下の相談を受けたり、部下の失敗に火がついて苦情・クレームとなり、早急に対処することもあります。



     結局のところ、昇進して偉くなったとしても「役割がきちんと機能するのかどうか?」ということが重要です。これは、課長になっても同じ。


     課長になってから、まったく働かなくなった上司も数多く見てきましたし、課長が部下でもできる作業レベルの仕事を忙しそうにしている場面もありました。


     でも、実際のところ課長は課長の役割がありますよね。部下でもできる仕事を課長がやってはダメなのです。


     つまり、管理職はマネジメントの役割を持っているということ。これが機能していなければ、つまるところ「職責を果たせていない」ということになります。


     では、何でもやらなきゃいけない「係長・主任」は一体どんな役割を持ち、機能を持っているか、両者の仕事の違いは何か?という疑問があります。


     ここではっきりと認識しているかどうかで、今後の仕事の仕方が大きく変わってくると思います。主任に昇進したばかりのビジネスマンは、ぜひこのページで学んで欲しいと思います。

  • (係長は>>係長の役割で解説しています。)


     冒頭で「係長と主任には大きな違いは無い!」と言い切っていますが、実は決定的に違う役割も持っています。

     それでは
  • 解説に行ってみましょう。


    係長と主任は一体どちらが偉いのか?


    主任と係長の違いとは 

     なんとなくですが、一般的な感覚として「係長の方が主任よりも偉い」というイメージがあると思います。


     でも、実は決してそうとは言い切れません。組織によってポジションやランクが異なるので、係長よりも主任の方が偉い場合もあるのです。


     例えば、

     ・ 主任の上が課長で、そもそも係長がいない。(主任がいない場合もあり)

     ・ 本社では主任なのに、末端の支店や子会社では「係長」や「課長代理」になる。

     ・ 行政の場合は、主任○○○専門官、主任○○専門員という名前だけども、実は主査級(係長級)


     ということは、違う組織同士で「俺は係長だから偉い!」と言っても、違う組織では「いやいや俺は、主任だけど課長代理級なんだよ」ということになります。


     係長・主任は、組織によってまちまちですので、単純に比較対象とはならないということです。簡単に言えば、中間管理職です。(部下がいない場合もありますが・・)


     

    職務規定や職制規定があるかどうかチェックしてみよう




  •  このように、係長・主任は対組織同士では比較対象にならないので、結局は自分の組織の職務規定、職制規定でどんなポジションなのかを知るしかありません。


     行政では、細かく仕事の内容や職責が書かれていることが多いようです。民間の場合、大企業でなければ詳細には書かれていないと思います。


     私は「何でも紙に書いていれば良い」とは思いませんが、職務規定に係長・主任の役割がほとんど書かれていないということは「紙にかけるような明確な責任や権限はない。」と思うのです。



     つまり、トップマネジメントは、一般職に毛が生えた程度の認識しか持っていないという風に思ってしまうのです。


     反対に、課長や課長代理、課長補佐は管理職として、明確に役割や責任が羅列されていたりするものです。


     変なものですよね。


     役職が付いて「さあがんばるぞ!」と意気込んでも、係長・主任の役割が明確でなければ、社内で何をすべきで、どんな機能を持ち、どんな期待がされているか分かりません。


     例えば、トップマネジメントから「佐藤君は難易度の高いプレーヤーとして、後輩の面倒も見ながらがんばってくれたまえ」なんて、何か言葉をかけてもらえるのであれば別ですが・・。


     民間企業でも、主任という役職があるものの、一体何の役割があるのか誰も分からないことが多いようです。民間でも行政でもガバナンスがしっかりした組織であれば、主任と係長の役職の職務権限がしっかり明記されています。



  •  でも、職務がはっきりしない組織では、「とりえあず君を管理職するにはまだ若いし、早いので主任ね。」ということも現実にはありうるのです。>>続きはこちらです


     

    ページ: 1 | | | >>

記事コメント




 

[PR]
20分で分厚い参考書を読破!脳を強化する速読法
700億円の売上改善の実績。ジェイ・エイブラハム「売上の極意」とは
「TOEICを時短でマスター」1分間英語勉強法
まずは「無料でカウンセリング」薄毛対策


関連する記事


係長の役割とは

「係長の役割とは一体何なのか?」この簡単なようで難しい疑問は、昇進して真っ先にぶつかる1つの壁です。係長の役割を一言で表することは、決して簡単ではありません。>>続きはこちらです


係長と主任の違いとは その2

係長と主任の違いとは〜主任にとって大事な4つの考え方〜

係長・主任は社内の評価で「仕事がデキる!」からこそ、与えられた役職です。このページでは、係長と主任の共通点と決定的な役割の違いを考えて・・>>続きはこちらです


「係長に昇進!」若くして昇進したとき、リアルに覚えておきたい大事なこと

社内で仕事の実力が認められ、あなたは若くして係長に昇進しました。初めて手に入れる役職かもしれませんし、主任からの昇進かもしれません。このコラムでは若くして昇進した時に>>続きはこちらです


係長と主任の違いとはその3  係長と主任の違いとは〜主任の仕事の進め方〜
  「主任の仕事の進め方」を解説しています。また、係長目線で主任がいるとどうなるか、実体験か
  ら思うことを書いています。>>続きはこちらです




お気軽にメール相談ください


係長.netでは、係長の役割や仕事の進め方など、もっと詳しく知りたいことや困っていることなど、随時メール相談を受付しております。お気軽にメールを頂ければと思います
>>相談用メールフォームへ移動


他の方がどんな質問・相談をし、回答しているか内容を見てみたい方は、
中間管理職.net
>>中間管理職.net
(相談専門サイト)にアクセスしてみてください。



係長・主任が学べる!週1回の無料メールマガジン

週1回読んで学べる係長・主任の無料メールマガジン
 
参加メールアドレス
退会メールアドレス

週1回読んで学べる係長・主任んのメールマガジンです。係長・主任の働き方、部下とのコミュニケーションなど私の成功体験や失敗の経験を踏まえて「係長・主任に昇進したらどう働き方を変えるべきか?」などをテーマに、リーダーシップ、マネジメントの方法など、係長が組織で活躍するための方法を配信します。

 





係長.netのFACEBOOKページを開設しました!



係長として成功する方法を配信中です

 更新情報はこちらから
 
 facebook google twitter
  FACEBOOK   Google+    Twitter

年功序列でも最速で昇進階段を駆け上がる方法

 特別書き下ろし電子書籍:年功序列でも26歳で係長・主査にブッチギリで昇進する技術(仕様:アマゾンキンドル、20,000文字、1/4ページ))

   年功序列でも26歳でブッチギリで昇進する技術

 年功序列の組織では社員は常に横並び。ある程度の年齢に達すると、トップの思いつきや一時的な感情で人事が発令。

 働かない社員、稼がない社員でも昇進できる理不尽かつ、不条理な世界。50代の働かないオジサン世代がどんどん量産され、働き盛りのサラリーマンがどんどん意欲を失うシステムです。

 私は年功序列の組織でも、入社7年、26歳で昇進する為の技術を体得。その秘密を公開します。
>>詳しい書籍の情報はこちらです



係長の悩みを解決する書籍・教材

係長.net完全書き下ろしの「係長の事例問題解決集」です。(電子書籍 99円〜)

係長が知っておきたい事例問題解決集vol.2


係長が知っておきたい事例問題解決集vol.1



社会貢献・ボランティア事業について

 係長.netでは、毎年「複数献血」1,200ml(最大
 値)を行い、社会・地域への貢献を果たして参り
 ます。

     LOVE in Action