本文へスキップ

係長の役割と仕事の方法が学べるサイト


係長の役割とは(続きその2)

係長コラム 「係長の役割とは?(続きその2)」Author 係長.net Category 係長の役割、係長の仕事


コラム:「係長の役割とは一体何なのか?」続きその2の解説ページです。係長はマネジャー?それともリーダー?なのか、係長は課長とは違って何が求められているのか、ポイントにしてお話していきたいと思います。

  係長の役割その2


 




 
 「リーダーは高潔な人格でなければならない。」これは、リーダー=指導者であることを示しています。

 よく考えてみてください。人の上に立つ者が、自分のことしか頭になく、自分の利益のことだけ考えているとわかったらどうでしょう。


 誰もついていこうとは思いませんよね。これがリーダーとしての品位であり、高潔な人格の1つです。


 


 一方でマネジャーは少しニュアンスが違います。マネジャーは、部下を管理し、部下を使い、規則の中で行動させます。組織の歯車の中でチームの生産性を上げ、結果を出すのがマネジャーです。


 リーダーシップとは違って”人格”を指すのではなく、管理技術(スキル)として表した”言葉”であると言えます。


 係長は「プレイングマネジャーである」と冒頭でお話しましたが、マネジャーとリーダーの求められる能力が異なるので、混乱してしまいますよね。


 リーダーは困難な状況でも、自ら旗を振って挑戦し続け、周囲を鼓舞し奮起させる能力であり、マネジャーは人、物、金、規則などの仕組みの中で、生産性を上げるということを覚えておきましょう。


 ちなみにリーダーシップは、決して役職の人が全員持っているわけではありません。役職が無い人でも、リーダー気質の人は多くいます。


 係長はプレイングマネジャーとして、どちらの能力もバランス良く必要とする役職と言えます。


 

 では次に、「係長の仕事の内容」に入っていきましょう。


 係長は課長から配分された仕事を、部下とともに遂行していく職務です。(リーダーシップ型)一方、課長以上(管理職)は、部署を超えた経営的な視点で、仕事を創り上げることが求められます。(マネジメント型)


 マネジメントは、課長であり、係長はリーダーシップ重視されます。


・ マネジメント(大) = 課長
・ リーダーシップ(大)+マネジメント(中〜小)=係長


 係長は、課長職から与えられた仕事を、いかに部下を統率して結果を出す事ができるかが求められますが、プレイングマネジャーである係長が、自分の仕事で結果を出すことと、部下を統括してマネジメントして結果を出すことは、新任の係長にはすごく難易度が高いです。


 ある程度経験を積み、部下を上手にマネジメントすることができるようになると、現場レベルでの問題点や改善点を課長職に進言し、管理職を巻き込んで任務を達成することができるようになります。


 ここまでできるようになると、「相当仕事がデキる係長」です。新任の係長は、ここまでたどり着くまでが大変です。私の経験上、どんなに努力してもここまでくるのに5年は必要だと思います。




 係長の役割を細分化していくとさらに見えてくるのが、


 
部下を教育し、部署内で即戦力にすること。

  プレイングマネジャーとして実行力を持つこと。

  課長補佐の役割を果たす事です。



 部下を教育することとは、係長は現場の部下を教育し、自分の力で任務を遂行できるように教育をしていきます。


 部下がいつまでも係長や課長に頼ってしまい、仕事で独り立ちできないと、常に係長の仕事が圧迫される事になります。


 私は、経験者の部下が配属された時は、「1年間は仕事を教える。ただし、あとは自分でもがきながら考えろ。」と言います。


 経験者に教育する際は、イチイチ仕事のやり方の細かいところまで教えません。仕事の大枠や目標地点、ヒントだけ与えて、あとは自分で考えさせます。


 ただし、新入社員には、細かいところまで教育します。ただし、2年まで。マネジメント系の書籍には3年までとよく書いてありますが、2年で独り立ちできるように教育します。



 
 プレイングマネジャーである係長は、自分の仕事も持ち、部下の仕事もチェックする2つの側面を持つがゆえに、「部下を独り立ちさせることは重要なポイント」です。


 部下を育てるということは、1.自分の時間を作り、2.係長にしかできない仕事に挑戦する時間を作る為の方法です。


 逆に言えば、担当の判断で出来るような細かい仕事を、いつまでも課長や係長の判断に頼ってしまうとどうなると思いますか?


 あなたに待っているのは、いつまでも部下の相談に判断しなければならず、いつまでたっても自分の仕事が終わらなくなります。そして、長時間労働により、ワークライフバランスが狂い、家庭が崩壊、体も壊してしまうのです。


 だからこそ、
「部下の教育は短期間集中型で徹底して行うこと」が大事です。自分で最善の判断ができるように教育しましょう。


係長の役割 部下の教育


 部下のミスも想定内です。部下が仕事でミスしても、取り返しのつく仕事や、係長がフォローすれば、解決できる仕事ばかりのハズです。


 ミスで部下に気付きを与えましょう。


 係長は中間管理職として、課長から仕事がバンバン降ってきます。係長は、自分自身でも責任の大きい仕事を持っています。


 自分の仕事を処理する時間を作るためにも、「教育は時間の許す限りやる」という意識を持っておいてください。




 それでは次に、「実行力を持つこと」についてお話していきましょう。実行力とは、自ら考えて、実行し、結果を出す為に必要なプレイングマネジャーの大事なスキルです。


 係長の仕事は「大量・多量」「責任が重い」「難易度が高い」ので・・・>>続きはこちらです


 

ページ: <<  | 2 | |  >>


記事コメント





 

関連する記事

係長の職責とは

係長の職責とは 〜職責を果たせ!と言われないために覚えておきたい4つのこと〜

「職責を果たせ!」という言葉は、働かない上司に対して良く使われる言葉ですが、係長にとっての職責はどうなのかを考えていきましょう。>>続きはこちらです

課長と係長の役割の違いとは

「課長の役割」と「係長の役割」は、それぞれ役割は何が違うのでしょうか。言い換えれば管理職と準管理職、経営者側と労働者側の違いとも言えます。それでは課長と係長の仕事の違いから考えていきましょう>>続きはこちらです

係長と主任の違いとは その2

係長と主任の違いとは〜主任にとって大事な4つの考え方〜

係長・主任は社内の評価で「仕事がデキる!」からこそ、与えられた役職です。このページでは、係長と主任の共通点と決定的な役割の違いを考えて・・>>続きはこちらです


係長と主任の違いとは

係長と主任の違いとは?〜役割と仕事の違いを徹底解説!〜

「係長」と「主任」の役割は一体何が違うと思いますか?それぞれの仕事の違いや、両者にはある共通点があります。なんとなく「主任」とはこんなもの・・・
>>続きはこちらです

  DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中! [PR]
   「毎月の携帯料金が高い!!」と悩んでいるサラリーマンには、DMM mobileがオススメ。
  スマートフォン、携帯電話料金を見直しして、無駄なお金が出ていかないようにするデキるビジ
  ネスマンの賢い節約方法です。>> DMM mobile



お気軽にメール相談ください


係長.netでは、係長の役割や仕事の進め方など、もっと詳しく知りたいことや困っていることなど、随時メール相談を受付しております。お気軽にメールを頂ければと思います
>>相談用メールフォームへ移動


他の方がどんな質問・相談をし、回答しているか内容を見てみたい方は、

>>中間管理職.net
(相談専門サイト)にアクセスしてみてください。



[PR]
20分で分厚い参考書を読破!脳を強化する速読法
700億円の売上改善の実績。ジェイ・エイブラハム「売上の極意」とは
「TOEICを時短でマスター」1分間英語勉強法
まずは「無料でカウンセリング」薄毛対策


>>トップページに戻る


係長が学べる!週1回の無料メールマガジン

週1回読んで学べる係長の無料メールマガジン
 
参加メールアドレス
退会メールアドレス

週1回読んで学べる係長のメールマガジンです。係長の働き方、部下とのコミュニケーションなど私の成功体験や失敗の経験を踏まえて「係長に昇進したらどう働き方を変えるべきか?」などをテーマに、リーダーシップ、マネジメントの方法など、係長が組織で活躍するための方法を配信します。

 





係長.netのFACEBOOKページを開設しました!



係長として成功する方法を配信中です

 更新情報はこちらから
 
 
  FACEBOOK   Google+    Twitter


年功序列でも最速で昇進階段を駆け上がる方法

 係長.netの特別書き下ろし電子書籍:年功序列でも26歳で係長・主査にブッチギリで昇進する技術(仕様:アマゾンキンドル、20,000文字、1/4ページ))

   年功序列でも26歳でブッチギリで昇進する技術

 年功序列の組織では社員は常に横並び。ある程度の年齢に達すると、トップの思いつきや一時的な感情で人事が発令。

 働かない社員、稼がない社員でも昇進できる理不尽かつ、不条理な世界。50代の働かないオジサン世代がどんどん量産され、働き盛りのサラリーマンがどんどん意欲を失うシステムです。

 私は年功序列の組織でも、入社7年、26歳で昇進する為の技術を体得。その秘密を公開します。
>>詳しい書籍の情報はこちらです




係長の悩みを解決する書籍・教材

係長.net完全書き下ろしの「係長の事例問題解決集」です。(電子書籍 99円〜)






社会貢献・ボランティア事業について

 係長.netでは、毎年「複数献血」1,200ml(最大
 値)を行い、社会・地域への貢献を果たして参り
 ます。

     LOVE in Action