本文へスキップ

係長の役割と仕事の方法が学べるサイト


コラム 係長の役割、係長の仕事column

係長.netトップ > 課長と係長の役割の違いとは続きその2続きその3


課長と係長の役割の違いとは(続きその3)

係長コラム 「課長と係長の役割の違いとは(その3)」Author 係長.net Category 係長の役割、係長の仕事


コラム:役割や職務が分かりやすい課長でも、「課長役」や部下を持たない「専任の課長」などの立場の人もいます。その辺についてお話していきましょう。

  




部下なしの課長とは?


 最後になりますが、課長と呼ばれていても「部下なし課長」や「課長役」「専任課長」など、部署を統括しない管理職について説明していきましょう。





 前頁(>>課長の役割その2 - 課長と企画力のカンケイ)でも触れていますが、時代の流れとともに課長の役割が変化し、機械やPCに代わる企画力や発想力が必要となってきました。


 具体的な話をすれば、会社が陳腐化したビジネスモデルを変化させたい考えを持ち、「企画開発部」という新部署を新たに創設します。新しい産業に乗り込む場合は、市場調査、マーケティング、相手先との交渉などありとあらゆる可能性を探ります。


 このように期待のかかった新規事業を軌道に乗せるためには、経営幹部に近い存在の方が、意思決定も早く、スピード感を持って物事を進められます。


 相手方との交渉に行く為に、いちいち課長に説明して旅費の決裁をもらい、しかも経費節減のために時間のかかる交通手段を選択している段階で、すでにスタートに遅れが生じています。


 こういう事業をさせる場合には、トップマネジメントに近い存在であり、組織上としても責任を持つ管理職、つまり「課長役」「専任課長」が生まれるのです。


 また、もう1つのやり方としては、中途入社組に管理職ポストを与える場合によく使われます。


 課長役の仕事の中身について説明しますと、管理職の名前を語ってはいるものの、自分自身で細かい仕事までするプレイングマネージャーです。


 課長ではありませんが、私の知っている法人では、事業規模が小さく職員が7名体制で、専務1人、部長職3人、役職なしの正職員1名、パート2名という体制があります。


 部長職から見れば、役職なしの正職員をマネジメントしているかといえば、実はそうでも無く、政府系の法人なので、出世コースから外れた課長などを部長職で転職させることにより、彼らのメンツやプライドを守っているのです。


 この場合でも、管理監督者の立場にあっても、「専任的な部長職」として位置づけられます。


 部下無し課長は「プロジェクト単位の課長(リーダー)」や専任の事業を持たせる為に使われることもあります。(ラインの課長とは明確に分けているようです)


最も大事な考え方「課長・マネジャーの資質」



 私がマネジメントに困った時によく読む本で、P.F.ドラッカー著書「マネジメント エッセンシャル版」 がありますが、課長の考え方でとても大事な資質を紹介します

 
引用

マネジャーには、根本的な資質が必要である。真摯さである。

このような資質を欠く者は、いかに愛想が良く、助けになり、人づきあいがよかろうと、またいかに有能であって聡明であろうと危険である。

そのような者は、マネジャーとしても、紳士としても失格である。

マネジャーにできなければならないことは、そのほとんどが教わらなくても学ぶことができる。

しかし、学ぶことのできない資質、後天的に獲得することのできない資質、始めから身につけていなければならない資質が、1つだけある。

才能ではない。真摯さである。

 (引用:)P.F.ドラッカー著書「マネジメント エッセンシャル版」 P130 マネジャーの資質より



 この考え方は、いつ読んでも常に「おっ!」と思わせる表現です。


 どんなマネジメントの教科書で勉強しても、人間の根本的なコアな部分であり、物事に対する「真摯」の部分が欠落していれば、小手先の心理学では課長として機能しないということです。


 課長になると、相手が実務から人間になります。部下をマネジメントし、いかに成果を極大化するか、また管理手法を使って部署を統率できるかです。


 その為に必要なのは、薄っぺらい真摯では無く、また上っ面だけの仮面紳士でもない「人間の深層部分での真摯」であることです。そして、後天的には身につけられない「人間力」でもあります。


 内容が薄いマネジメント系の本に飽き飽きしている、課長、係長、マネジャーの皆さんには、ドラッカーの著書をオススメします。


 簡単にサクサク読めるような本では無く、内容は難しいですが、業務上参考になる実務書です。新任の課長ではなく、経験年数がある程度経ち、1つ壁を乗り越えたい時に大変役立ちます。


課長の待遇面ではどうなるか?



 職務と責任と権限は一体であり、課長はそれなりの責任を持ちますので、給料が高くなります。


 ちまたでは、係長から課長・課長代理・課長補佐になると、残業手当がつかなくなり、給料が安くなったという話も聞きますが、責任を持つかわりに高い報酬を得るのは当然のことと言えます。


 問題なのは、課長にとって必要な真摯さを持ち、適任さもあり、仕事もきちんとやっていたマネジャーが時代の流れについていけなくなった(環境変化に能力がついていけなくなった)場合です。


 課長は責任を果たすことができないので、マネジャー失格として部下の不満が募ります。


 これが一番組織としても対応が難しいと思います。


 次に残業手当についてですが、どんな課長であっても管理職には残業手当はつきません。その代わりに役職手当や基本給が上がります。


最後に


 以上、課長の役割と係長の役割について、説明してきました。


 係長はリーダー職でプレイングマネジャー。権限はなく部下目線であり部下の相談役。そして、課長と部下のクッション役であること。

 一方で課長は、分かりやすい職務と責任と権限を持ち、時代の変化とともに、ラインからはずれた企画開発部門の責任者という役職も生まれてきました。


 待遇もそれぞれの職務や責任に応じて上下しますが、給料が良いということはそれだけの責任を持つということです。


 ぜひ、経営のトップマネジメントの信頼を得られるような、デキる課長を目指してがんばってくださいね!


 

ページ:  <<  | | 3 


<< 前のページ 係長の役割とは

>> 次のページ 係長の職責とは

記事コメント





 

関連する記事

係長の役割とは 製造業の係長の役割とは 係長の職責とは 係長と主任の違いとは
係長の役割とは  製造業の係長の役割とは?  係長の職責とは  係長と主任の違いとは?


お気軽にメール相談ください


係長.netでは、係長の役割や仕事の進め方など、もっと詳しく知りたいことや困っていることなど、随時メール相談を受付しております。お気軽にメールを頂ければと思います
>>相談用メールフォームへ移動


他の方がどんな質問・相談をし、回答しているか内容を見てみたい方は、
中間管理職.net
>>中間管理職.net
(相談専門サイト)にアクセスしてみてください。


[PR]
20分で分厚い参考書を読破!脳を強化する速読法
700億円の売上改善の実績。ジェイ・エイブラハム「売上の極意」とは
「TOEICを時短でマスター」1分間英語勉強法
まずは「無料でカウンセリング」薄毛対策

>>トップページに戻る






係長として成功する方法を配信中です

 更新情報はこちらから
 
 facebook google twitter
  FACEBOOK   Google+    Twitter

年功序列でも最速で昇進階段を駆け上がる方法

 係長.netの特別書き下ろし電子書籍:年功序列でも26歳で係長・主査にブッチギリで昇進する技術(仕様:アマゾンキンドル、20,000文字、1/4ページ))

   年功序列でも26歳でブッチギリで昇進する技術

 年功序列の組織では社員は常に横並び。ある程度の年齢に達すると、トップの思いつきや一時的な感情で人事が発令。

 働かない社員、稼がない社員でも昇進できる理不尽かつ、不条理な世界。50代の働かないオジサン世代がどんどん量産され、働き盛りのサラリーマンがどんどん意欲を失うシステムです。

 私は年功序列の組織でも、入社7年、26歳で昇進する為の技術を体得。その秘密を公開します。
>>詳しい書籍の情報はこちらです





係長の悩みを解決する書籍・教材

 係長.net完全書き下ろしの「係長の事例問題解決集」です。(電子書籍 99円~)

係長が知っておきたい事例問題解決集vol.2


係長が知っておきたい事例問題解決集vol.1




社会貢献・ボランティア事業について

 係長.netでは、毎年「複数献血」1,200ml(最大
 値)を行い、社会・地域への貢献を果たして参り
 ます。

     LOVE in Action