本文へスキップ

係長の役割と仕事の方法が学べるサイト


コラム 係長の役割、係長の仕事column

係長.netトップ > 係長になったらやっておくこと



係長になったらやっておくこと

係長コラム 「係長になったらやっておくこと」Author 係長.net Category 係長の役割、係長の仕事


  •  私が係長になったばかりの頃は、そんなに仕事が忙しくありませんでした。私の経験上、係長が暇なのは、異動したばかりで何も分からないという時くらいです。


     あとは、やる気がでないので仕事を適当にやっている時です。やる気の無いオーラは人も仕事も寄せ付けません。


     基本的に係長職は、とても忙しい役職です。部下の面倒、仕事の管理、ダメな課長の尻ぬぐい、トラブル回避、クレーム対応、顧客への訪問などすさまじいものがあります。





     係長になったばかりの頃は、とにかく本を読む事をオススメします。私は中間管理職のセミナーに行っていた頃もありますが、会社で命令で勤務時間を使わないと、時間作るのは難しいと思います。


     時間が許す限り、マネジメントの方法や部下の管理方法、経営者の考え方など様々な書籍を読む事が大事です。私が係長になってからすぐに実践したことは、大量のビジネス書籍を読むことでした。


     ただ、係長になったからといって、急に給料やお小遣いが上がるはずもなく、生活は苦しかったです。


     初めの頃は図書館に毎日通い、本を読みました。図書館であれば無料です。でも、だんだん図書館に通って借りるという行為がわずらわしくなってきました。


     借りるということは、返さなければいけませんよね。時間がもったいない。今度はブックオフに通い、100円のビジネス書籍や小説タイプのノウハウ本を徹底的に買い漁り読みました。



     100円であれば、年間200冊買っても20,000円です。安く勉強できます。



     自分のロールモデルになる著者を探して、その著者の執筆した別の書籍を探します。いろいろな仕事術やマネジメント、リーダーシップの考え方を取り入れていきます。


     重要なのは、本に書いてあることを1つでも実践すること。
     知識だけで止めておいては意味が無いので、とにかくやってみる。
     自分に合うやり方はそのまま実行していれば良いし、合わなかったらやめればいい。


     ただ、本は自分が必要な情報にたどり着くまで時間がかかるのがネックです。


     今は、積極的にやる気のある外部の人に話を聞きにいったり、出会うことも勉強になります。人からいろいろ話を聞いたりすることで、自分の必要な情報に一瞬でたどり着くことができますので、刺激になります。

     


    << 前のページ 係長の権限は何があるのか

    >> 次のページ 若くして昇進したとき気をつけること


    記事コメント



    関連する記事





係長として成功する方法を配信中です

 更新情報はこちらから
 
 facebook googleplus twitter
  FACEBOOK   Google+    Twitter

「無料」で特別レポートをプレゼント中です!

 
特別書き下ろしレポート:「資格なし!学歴なし!特技なし!」の高卒サラリーマンでも大卒エリートを追い抜きマネジャーになれた!爆速仕事術(仕様:PDF20ページ)

     report

 これといって誇れることが無い私でも、ある方法論さえ確立すれば昇進できることが判明!イジメ、パワハラ、うつなど地獄のような経験を乗り越え、ワークライフバランス、子育てに奮闘しながら確立した仕事の方法を公開!>>詳しくはこちらです


係長の悩みを解決する書籍・教材


係長.net完全書き下ろしの「係長の事例問題解決集」です。(電子書籍 99円〜)

係長が知っておきたい事例問題解決集vol.2

係長が知っておきたい事例問題解決集vol.1

ビジネス文書のスキルアップするセミナー動画

自宅で学べるビジネススキルアップの動画セミナー講座です

ビジネス文書スキル

・ビジネス文書スキル養成セミナー
・ロジカルシンキング養成セミナー
・コミュニケーションスキルセミナー


社会貢献・ボランティア事業について

 係長.netでは、毎年「複数献血」1,200ml(最大
 値)を行い、社会・地域への貢献を果たして参り
 ます。

     LOVE in Action